NASCAR好きなMOPAR乗りの独り言

古くて大きなアメリカ車との日々と、NASCARレースや模型についてつらつらと・・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お弔い

スワローズに負けて帰ってきた夜、夕食食べていたら電話が鳴った。
四日市のおじさんから。横で聴いていたけど取り乱しているようで要領を得ないが
よくない知らせだという見当はついた。
間質性肺炎ーーー。
原因はいろいろあるようでそれが特定できれば治療の方法もあるそうですが、
特定できないケースも多く、その場合の平均余命は5~6年という難病。
母の姉がこの病気と診断されて約6年。自宅での療養でしたがこの日の朝、
容態が急変し入院したらしい。
母にしてみれば子供の時から一番仲の良い姉妹であり、僕にしてみれば
10年にわたり鈴鹿にF1やNASCARを観に行くたびにお世話になっていた
一番親しくさせてもらっていた親戚。
「苦しんでいる様子を見せたくないので来ないでほしい」と言われ、回復を
祈りつつも、それからの2日半、何もできない変な時間を過ごしました。
「ひょっとして回復するかも?」なんてことを少し思い始めた頃に訃報。
恩返しとか何もしてない。まだまだいつでも会えると思っていたのを悔やみます。

親戚関係への連絡はうちからということになり、悲しんでいる間もなくバタバタと。
5日にお通夜、6日午前にお葬式。
6日は出勤なのですが、事情を話して遅刻の許可をもらって四日市へ。
なんとか出棺までということで、ぎりぎり見送るところまでいることができました。
平日だったら仕事で行けない可能性があったので、おばさんが合わせてくれたのだと
思うことにします。
恥ずかしながらこの歳まで親族のお弔いに参列したことがなく、こんなに辛いもの
だとは思いませんでした。
みんなが斎場へ向かうなか、一人で私服に着替え名古屋経由で東京へ。

母やその他姉妹にとっては僕なんかとは比べようもない喪失感でしょうから心配。
しばらくはまめに連絡とるようにするつもり。

はぁ、例年とは全然違うGWになりました。

20110508_1

名古屋駅の上りホーム。


2011.5.8

| 日記 | 23:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crankitup.blog27.fc2.com/tb.php/133-7363f3ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT