NASCAR好きなMOPAR乗りの独り言

古くて大きなアメリカ車との日々と、NASCARレースや模型についてつらつらと・・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タイトル画像 その2

ずいぶん久しぶり。

前列左から5人目より

Larry Gunselman(ラリー・ガンゼルマン)選手

20100605_2

西海岸中心にシリーズが組まれる下位カテゴリー、ウインストンウエスト・シリーズ
で活躍。
前年の『サンダースペシャル100』にも参加。カップ戦出場はこの時点で主戦場の
ソノマ、フェニックス(1996、97年)の3戦。その後は同じくウエストシリーズに
参戦しながら(1998、2000年に計3度のカップ戦DNQあり)カップへのステップ
アップを目指し、2000年からはクラフツマン・トラック・シリーズへ。しかし
思うように成績が残せず移籍をくり返した後2002年シーズン途中でシートを失い、
不定期的にブッシュ・グランドナショナル(現ネイションワイド)・シリーズ参戦
へ。ここでも好成績は挙げられないまま2004年ジェフ(ジェオフ)、トッドの
ボダイン兄弟らとシートをシェアする形でインパクト・モータースポーツ→
マック・ワンinc.からカップ参戦(7戦エントリー、2DNQ。最高位は第29戦の
『EA Sports 500』タラデガでの33位(通算でも最高位))。
おぼろげな記憶、オールスターレースでボダイン車のクルーをやってたような・・
ウエアー・レーシングから2005、2006年デイトナ500にエントリーしたのを最後に
ほぼ引退状態に。
2008年に突如ネイションワイド、トラックシリーズにカムバック。
2009年マック・ワンinc.時代から関係のあったボダイン兄弟とカップチーム設立し、
(多分)正式にドライバーを引退。チームは18戦エントリーして予選通過は6回。
2010年もガンゼルマン・モータースポーツのオーナーとしてトニー・レインズ、
トッド・ボダイン両選手などのドライブでカップに#64カムリをエントリー。



Rusty Wallace(ラスティ・ウォレス)選手

20100605_4

↑ 画像は96年の鈴鹿。

通算706戦55勝。1984年ルーキータイトル。1989年チャンピオン。
言わずと知れたスーパースター。
この時点で17シーズン目、47勝のベテラン。
日本でのレースを一番楽しんでいたのではないかな。
1991年から2005年末の引退までペンスキー・レーシング所属。
実はカップデビューもペンスキー。
現在『ラスティ・ウォレス・レーシング』のオーナーとして、ブレンダン・ゴーン
選手、息子・スティーブの体制でネイションワイドシリーズ参戦中。
ESPNの解説者としても活躍。

つづく


2010.6.6

● スリムボクシング30〈古井戸さん〉
● パワーラッシュ45〈古井戸さん〉
トレッドミル 5.0km(一昨日)

| NASCAR | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crankitup.blog27.fc2.com/tb.php/14-52a9cd34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT