NASCAR好きなMOPAR乗りの独り言

古くて大きなアメリカ車との日々と、NASCARレースや模型についてつらつらと・・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カレラの #43トリノ・タラデガ

009_20140321235722006.jpg

前にアル・アンサー選手のチャージャー500をヤフオクで手に入れたときに
「収集癖がぶり返さずに済んだ」と書いたんだけど、たまたま安めで中古のが
出品されているのを見つけまして。
市販車兼用のなんちゃってレース仕様じゃないので、どんな感じなのか
どうしても見たくなってポチっちゃいました。



シェイプは悪くないけれどタイヤがやたら大きく見えるのでもしかしたらスケール
よりもやや小さめなのかも。迫力はあるんだけど。


007_20140321235724299.jpg

フロントマスク。
横幅が圧縮・・・というよりかバンパー含めて縦幅が広すぎか。
グリルのディテールはちょっとショボくていけませんね。
こうなってくるとレベル/モノグラムのを見比べたくなってきます。

0088.jpg


ちなみにバリエーションはこんな感じ。
015_20140321235854598.jpg
018_201403212358521ab.jpg
011_20140321235856ee7.jpg
017_20140321235853907.jpg

リリースはけっこう前なのでショップで新品を見つけるのは難しいかもね。
僕はもう買わないかな。


走らせる気もない、というか元々コース持ってないので、そもそも何もできないの
だけど、細かいディテールに目をつぶれば、この前のチャージャー500とで69年の
第3戦リバーサイドを再現できる?と思ったら、実際はこのレース、まだトリノは
タラデガではなくGT/コブラなんですね。

024_20140323021519d5d.jpg

023_20140323015720403.jpg

同様にマーキュリーも。


003_20140323021858f35.jpg

ちなみにこのGT/コブラは現存。
このくるまのみホールマン・ムーディ製(シャシーNo.HM890049)ですが、
これ以降のほかの機材は自分たちで制作しているそうです。


020_2014032200001718a.jpg

1969年シーズン、全54戦中50戦に出場し10勝。うち第1戦と第2戦は開催が前年の
1968年の『ジョージア500』(’68年11月17日)と『アラバマ200』(’68年12月
8日)で、この2レースは従来のプリムス・ロードランナーでの出場。
このうち『ジョージア500』で勝っています。
よってフォードであげた9勝のうちタラデガでは8勝ということでしょうか。


013_20140321235854bf0.jpg

モデルになっているのは『デイトナ500』出場時のやつですね。


012_20140321235855a50.jpg

『 7Up 』のロゴが貼られてたのは第51戦の『アメリカン 500』?



010_201403212357223d4.jpg

プリムスのユーザーだったキングが1シーズンのみフォードを使用したことは、
そのいきさつも含め有名なエピソードだけど、実はプリムスがスーパーバード、
あるいはそれに匹敵する車種を用意できなかった時のことを想定して’70年型の
トリノの制作準備に取りかかっていたんですね。
中央奥でピラーに手を掛けているのがキング。


前述したけれどレベル/モノグラムのストックカーシリーズが気になって
大変なことになり始めています。


2014.3.23


● ファイティングラッシュ45〈北村さん〉
● パワーラッシュ45〈植松さん〉
● QUEEN'S YOGA30〈鈴木(ま)さん〉
(土曜日)

| NASCAR | 02:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crankitup.blog27.fc2.com/tb.php/440-8aec7b9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT