NASCAR好きなMOPAR乗りの独り言

古くて大きなアメリカ車との日々と、NASCARレースや模型についてつらつらと・・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『時間の流れに』

001_20140608235846ee2.jpg

記憶の片隅に眠っていた、サビの、しかもそのほんの一部分しか知らない曲に
35年振りぐらいに思いもよらず再会し、全貌を聴きました。

子供でしたね。深夜放送にはまりかけていた頃、夜になると毎日のように
ラジオから流れていたCMのBGM。
「堀内孝雄です。ボクのギター、もちろんモーリス・ギター。」

そうそう。「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない!」でおなじみの
モーリス・ギターのCM。

ばーっとフラッシュバックして、汗出てきた。
こんなタイトルの歌だったんですね。


何を検索していた時にひっかかったのかも、もう忘れてしまったけれど、
たまたま見つけた告知。
時間が作れそうだったので、公演の2日前に試しに会場に問い合わせしたら
1階席がまだ空いてた。

なかなかライヴに出くわす機会がなさそう、でも曲をたくさん知っているわけでは
ないので各々の単独公演はちょっとしんどい・・・ということでちょうど良いかな
と思って、もう2週間も前の話だけど、青砥っていうところに行ってきた。



京成電鉄はほぼ利用することないから知らないのですけど、この駅、
ホームが立体でした。


005_20140608235840c96.jpg

かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール。
あ、これ別館のほうかも。


003_201406082358432a0.jpg

前述のようなチケットが取れたので動員厳しいんだなと思いつつ会場に着いたら
こんななってた。
たまたま会場割り当ての分が残ってたのね。

『「いちご白書」をもう一度』、『わかってください』はぎりぎり後追い。
『心凍らせて』とかになると、もう歌番組とか見なくなっていたしで、
リアルタイムなのは『SACHIKO』ぐらいかぁ。
でも世代を超えたヒット曲のオンパレードなので楽しく昭和に浸ってたのだけど、
ライヴの佳境で歌詞がスクリーンに映し出されて「さあ、みなさんご一緒に」てな
感じで始まったのがこの『時間の流れに』でした。

帰ってきてから調べたら詞は行延さんだった。


もう半世代〜一世代若いオーディエンスを想定していたのだけど、なんていうか、
いままで見たことのないお客さんの層で、ちょっと微妙な居心地を体験してきた。

でもおもしろかったです。

因幡晃さん、声の衰えがなくてすごかったな。


006_20140608235838628.jpg

本気なら、次はオリジナル曲でぜひ。


2014.6.8

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● ファイティングラッシュ45〈北村さん〉
● パワーラッシュ45〈植松さん〉
● QUEEN'S YOGA30〈鈴木さん〉
 (土曜日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● ファイティングラッシュ45〈植松さん〉
● DDDハウスワークアウト〈宮本さん〉
 (日曜日)

| 映像・音楽・キャラものなど | 00:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

「いちご白書をもう一度」の懐かしいタイトルを見て、でてまいりました^^
Authorさんは後追いなんですね。当時中学生だったのですが、この曲を聴いて、同級生の通っている英語学校で自主上映された「いちご白書」を見に行った覚えがあります。青砥、何もない印象だったのですが、立派なホールがあったんですね。

| Tessa | 2014/06/14 18:53 | URL |

同級でも、ませてる子はリアルで知っていたかもです。

最近お見かけしないと思ったら、練馬は休会なんですね。
休会というシステムがあるの知りませんでした。

| 74plymouth | 2014/06/16 18:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crankitup.blog27.fc2.com/tb.php/465-7ba5298b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT