NASCAR好きなMOPAR乗りの独り言

古くて大きなアメリカ車との日々と、NASCARレースや模型についてつらつらと・・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

#23、#26、#83、#34、#35、#38

続いてBKレーシング。

昨年は3台、場合によっては4台走らせていましたが、今年も3台エントリーを継続。
しかし1年前のシーズンスタート時とはドライバーの顔ぶれは一変。
アレックス・ボウマン選手をTBR移籍で失っただけではなく、昨シーズン途中での
加入ながらチームのルーキーの中でいちばん速さを見せたコール・ウィット選手が
フロントロウ・モータースポーツに流出。




時期的に人材の確保は難航の予想もあり、ライアン・トゥーレックス選手解雇後、
昨シーズン終盤にライドしたJJ イェイリー選手とフル参戦契約で#23。


013_23_2.jpg

メンズ・マガジンの『マキシム』がスポンサー。


031_83_2.jpg

#83はとりあえず開幕戦のみジョニー・ソウター選手を確保。

そのあとはマット・ディベネデット選手が数戦分の契約にサインした模様。
ネイションワイド・シリーズをあのTMSで昨年初めてフル参戦。
ランキング21位の23歳。


027_83_1.jpg

昨年もスポットで#23についた『ダストレス・ブラスティング』がプレートの
4レースをサポート。


残り1人はちょっとサプライズなジェブ・バートン選手。

032_26_2.jpg

本格的なストックカーレースへの出場は2011年のARCAレーシングシリーズ。
翌年キャンピングワールド・トラックシリーズにデビュー。2013〜14年はフル参戦
でランキング5位、8位。2013年の第7戦フォートワースで1勝。現在22歳。
もうちょっとキャリアを積んでからステップアップすると思っていました。
どちらからアプローチがあったのかはわからないな。
トラックシリーズ参戦継続にはスポンサーが不十分だったような話もあるようです。
父はウォード・バートンさん、叔父がジェフ・バートン選手で血筋は文句なし。
お父さんもコーチとしてチームに加入します。

001_26_1.jpg

検索アプリの『ライヴディール』はデイトナ500のみ?


005_26_2.jpg

このカラーリングでの出場もあるようです。


ヘンドリックのチェイス・エリオット選手が今シーズンの参戦を限定するので、
ルーキータイトル・コンテンダーは現状1人だけですか。




フロントロウ・モータースポーツ。

着実に規模が拡大している感じ。
今年はフルでの3カーエントリーを敢行。

050_35_3.jpg

コール・ウィット選手がクルーチーフのランディ・コックスさんともども
BKレーシングから移籍。


007_35_1.jpg

デオドラントの『スピード・スティック・ギア』もいっしょについてきました。
10レースでスポンサーの予定。

#34 デーヴィッド・レーガン選手、#38 デーヴィッド・ギリランド選手は
変更なし。ともに単年での契約更新のようです。

006_34_1.jpg

『KFC』は今のところ開幕戦のみ。


038_34_2.jpg

『CSX』は8レース。

見た目は変わらないけれど、#34 ↔ #35 に変更されていてオーナーズポイントが
入れ替わってます。若いウィット選手が予選でしくじった時のための対策ですか。
レーガン選手には負担になるけれど。


021_38_1.jpg

『ラヴズ・トラベル・ストップ』は昨年より枠を増やして18レースをサポート。


050_38_4.jpg

ギリランド選手は金曜日のトラックシリーズ開幕戦『ネクスト・エラ・エナジー・
リソース250』にロビー・ベントン・レーシングからスポット参戦。
6シーズンぶり4戦目だって。


ライオネルのサイトでダイキャストカー発売、カミング・スーンのアナウンスが
あるので『ファーム・リッチ』、『ロング・ジョン・シルヴァー』との契約更新も
あるようです。


2015.2.18

| NASCAR | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crankitup.blog27.fc2.com/tb.php/532-93a73e31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT