NASCAR好きなMOPAR乗りの独り言

古くて大きなアメリカ車との日々と、NASCARレースや模型についてつらつらと・・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第12戦 ドーヴァー



今年はもう既に来シーズンのスケジュールが発表されていて、2017年のドーヴァーの
日程は昨年のようにシャーロットの600マイルレースの後になります。


トリプルヘッダーでしたね。ということでスケジュールは木曜日から。
画像多くなってたいへん。

まずは金曜日のキャンピングワールド・トラック・シリーズ第5戦『ジェイコブ・
カンパニーズ200』。

005_201605220254031cc.jpg

コントレラス・モータースポーツが2台目の#99をブランドン・ジョーンズ選手で
エントリーしていましたが同チームの#71に乗り換え、オーナー・ドライバーの
カルロス・コントレラス選手は欠場。
自身のファミリー・チームからエントリーしていたオースティン・ヒル選手は
MAKEモータースポーツの#1に乗り換え、最終的なエントリーは34チーム。
木曜日の2回のプラクティスは問題なく行われましたが、金曜日のクオリファイが
雨でキャンセル。プラクティスの結果をベースにオーナーズポイントとエントリー
回数でグリッドが決定。


003_20160522025404017.jpg

開幕戦以来の3カーエントリー、ブラッド・ケゼロウスキー・レーシングは#2に
17歳のオースティン・シンドリック選手を起用。
トラック・シリーズには昨年デビュー済み。
チーム・ペンスキーの最高責任者ティム・シンドリックさんの息子さんですね。

041_2016052203093632d.jpg
042_20160522030936ddb.jpg

4月30日にヴァージニア・レースウェイで開催のK&N プロシリーズ・イースト第5戦
『ビスケットヴィル125』で、このシリーズでのデビュー・ウィン。

クオリファイがキャンセルされなければ余裕で予選通過していたでしょうが、今回は
オーナーズポイントが足りず予選落ち。


006_2016052202540328b.jpg

もう1台の予選落ちは#6 ノーム・ベニング・レーシング。
今シーズンまだ一度も決勝を走ることができず。



今回も3レースともサラッと行きます。察して。

025_20160522030412ccd.jpg

123周目に先頭に立った#88マット・クラフトン選手がそのまま78周をリードして
今シーズン初優勝。通算12勝目。


コーションは “ コーション・クロック” を含み6回。

007_201605220254026db.jpg

これは61周目のターン4。ベン・ローズ選手とリコ・アブルー選手。


019_20160522030245d9a.jpg

ニック・ドレイク選手はデビュー戦を16位でフィニッシュ。今回プレミアム・
モータースポーツからエントリーでしたが、これはJR モータースポーツがシートを
買ったかたち。機材はJR モータースポーツからで、特に協力関係はないようです。
K&N プロシリーズ・ウエストで2014年に2戦して1勝。
昨年はイーストシリーズにフル参戦してランキング8位。


008_20160522025723120.jpg

今回は15位に沈んだジョン・ハンター・ネメチェク選手。
チルドレスがツバ付けてるらしい。
ブレンダン・ゴーン選手が引退するとなれば、あるいは3年契約3年目のライアン・
ニューマン選手の契約を更新せず、タイ・ディロン選手のカップ戦フル参戦を視野に
入れているのなら、エクスフィニティのチームのシートに余裕ができるんですよね。



次に土曜日午後のエクスフィニティ・シリーズ第10戦『アリーズ・バーゲン・
アウトレット200』。
“ ダッシュ 4 キャッシュ” 対象、40周×40周×120周のヒート制レース。
エントリーは40チーム。
3ラウンドのクオリファイは雨の影響なく行われ、ギブスの#20 エリック・
ジョーンズ選手、#19 ダニエル・スアレス選手が最速でそれぞれヒート1、
ヒート2のポールスタート。

016_20160522030246a4c.jpg

ヒート1はJR モータースポーツの#7 ジャスティン・オルガイア選手が30周を
リードして優勝。エリック・ジョーンズ選手は2位。


017_20160522030246a1c.jpg

ヒート2はコーション明け残り5周で前に出た#3 タイ・ディロン選手が優勝。
こちらもポールのダニエル・スアレス選手は2位。


012_20160522025721fae.jpg

コーションはガナッシのジャスティン・マークスのアクシデントでした。
くるまのリペアならず、ファイナル・ヒートは欠場でしたが出走扱いになるらしく
40位で1ポイント獲得。バックアップカー無かったんですかね?


011_201605220257228df.jpg

ファイナル・ヒートはディロン選手よりクオリファイのタイムがよかった
オルガイア選手がポールスタート。


013_20160522025721d71.jpg

140周中76周をリード、エリック・ジョーンズ選手が今シーズン2勝目。通算4勝目。


043_2016052203093594c.jpg

2位、ラウシュのダレル・ウォレス, Jr. 選手はアフリカ系アメリカ人としては
このシリーズ最高位。


044_20160522030935814.jpg

JRモータースポーツからエントリーの#88 アレックス・ボウマン選手は
今シーズンの初レースで3位。


015_20160522030247364.jpg

トライスター・モータースポーツの#44 J. J. イェイリー選手。
トップ10まであと一歩 。


010_20160522025722a0a.jpg

同じくトライスター・モータースポーツから今回もエントリーのマット・
ディベネデット選手は4周でやめて、いまやもうすっかり “ スタート&パーク” 役。


009_20160522025723c42.jpg
024_20160526044942583.jpg

ダッジは2台。#74 マイク・ハーモン・レーシングは39周遅れの32位。
ティミー・ヒル選手がライドした#13 MBMモータースポーツは5周遅れの26位。



続いて日曜日のスプリント・カップ。
第13戦『AAA 400 ドライブ・フォー・オーティズム』。

021_20160522030414c69.jpg

エントリーは40チームで予選落ちなし。


020_20160522030414ab3.jpg

金曜日午前からのプラクティスでのアクシデント。
ダニカ嬢が自身のギアオイルに乗ってクラッシュ。直後のトニー・スチュワート
選手、ジェイミー・マクマリー選手もそのオイルでバリアにヒット。
路面のクリーンナップで35分の中断。3者ともバックアップ・カーを選択。


002_20160522025404882.jpg

午後からのクオリファイは雨でキャンセルとなり、プラクティスの結果を基に
グリッド決定。


026_20160522030648a17.jpg

ポールは#4 ケヴィン・ハーヴィック選手。
スチュワート・ハースとの契約更新を発表。


014_20160522030247f18.jpg

残り46周のリスタートで最前列のジミー・ジョンソン選手が加速できず後方が
大混乱。18台が巻き込まれ赤旗。

018_201605220302458d4.jpg

クリーンナップで11分中断。久しぶりに好調だったガナッシの#42カイル・
ラースン選手にはラッキーなチャンスでしたがモノにできず。

023_20160522030413a7f.jpg

キャリア・ハイ・タイの2位。


022_20160522030413aa6.jpg

マット・ケンゼス選手が今シーズン初優勝。通算37勝目。




上位陣のアクシデントもありましたが、速さでは太刀打ちできず。

H スコット・モータースポーツ。

033_20160522030814cd7.jpg
036_201605220308130f2.jpg

#15クリント・ボイヤー選手はグリッド32番目。
今年はだめだって書いたのに成績が上がってきた。決勝は400周走りきって12位。

#46 マイケル・アネット選手はグリッド37番目。
決勝は226周目のアクシデントでDNF。177周遅れの37位。



BKレーシング。

027_20160522030648250.jpg
039_201605220309378e6.jpg

#23デーヴィッド・レーガン選手はグリッド27番目。決勝は3周遅れの17位。

#83マット・ディベネデット選手はグリッド29番目。
決勝は119周目バックストレッチでのアクシデントでDNF。最下位。



フロント・ロウ・モータースポーツ。

040_20160522030937831.jpg
038_201605220308112df.jpg

#34クリス・ブーシャー選手はグリッド30番目。
決勝は343周目にターン2でスピン。4周遅れの18位。

#38ランドン・キャッソル選手はグリッド35番目。決勝はこちらも4周遅れ。19位。



037_20160522030812abc.jpg

サークル・スポーツ-リーヴァイン・ファミリー・レーシング。
グリッド28番目。355周目のアクシデントに巻き込まれた1台。4周遅れの20位。



032_20160522030814a5d.jpg

ジャーメイン・レーシング。
グリッド26番目。こちらも355周目のアクシデントに巻き込まれ、6周遅れの26位。



028_20160522030647ca1.jpg

トミー・ボールドウィン・レーシング。
グリッド33番目。序盤のアクシデントDNF。261周遅れの39位。



029_20160522030647ec2.jpg

ゴー・ファズ・レーシング。
レギュラーのジェフリー・アーンハート選手で。
グリッド39番目。決勝は下位をたんたんと走ることになり64周遅れの35位。



プレミアム・モータースポーツ。

034_20160522030813d0d.jpg
030_20160522030646167.jpg

#55リード・ソーレンセン選手。鮮やかなカラーリングで登場。グリッド38番目。
決勝は中盤のアクシデントでDNF。38位。

#98 コール・ウィット選手。
グリッド38番目。決勝はトラブルでDNF。36周遅れの27位。



031_20160522030646fd2.jpg

ザ・モータースポーツ・グループ。
グリッド最後尾。決勝はあっという間にラップダウン。69周遅れの36位。



路面改修成ったワトキンスグレンでグッドイヤーのタイヤテスト。

045_20160522031038c0d.jpg
046_20160522031038541.jpg

ロガーノ選手、ベイン選手、エドワーズ選手、ケイン選手、ハーヴィック選手らが
参加。



次は早くもシャーロットでのオールスター戦。


2016.5.26

| NASCAR | 05:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crankitup.blog27.fc2.com/tb.php/643-72db5520

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT