NASCAR好きなMOPAR乗りの独り言

古くて大きなアメリカ車との日々と、NASCARレースや模型についてつらつらと・・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

第22戦 ワトキンスグレン



今年2つ目のそして今シーズン最後のロードコースでのレース。


001_20161110183446d95.jpg
003_2016111018344498a.jpg

みなさん気合い入ってますね・・・
ちなみに驚いてる女性はカイル・ブッシュ夫人。



004_20161110183443fc7.jpg

これが7月26日のテストでのブラッド・ケゼロウスキー選手のアクシデント。
軽傷でよかったですね。



まずは土曜日のエクスフィニティ・シリーズ第20戦『ジッポー200』。

032_2016111018405317b.jpg

木曜の午後に2回、金曜日午前にプラクティス、そして夕方から2ラウンドの
クォリファイ。#89シェファード・レーシング・ヴェンチャーズがエントリーを
取り消して参加は41チーム。
ギブスの#18は今回もカイル・ブッシュ選手が代打。
ベテランのスタントン・バレット選手、今回は#13 MBMモータースポーツから
エントリー。同じくベテラン、セミリタイアのトッド・ボダイン選手は今シーズン
初エントリー。当初の#07 SSグリーンライト・レーシングから#90キング・
オートスポーツにチームを変更、その#07にはレイ・ブラック・ジュニア選手が
ライド。

035_20161110184211e5e.jpg


ロードコース・スペシャリストを起用するチームも多く、#88 JRモータースポーツ
はオーストラリア国籍のケニー・ハブル選手を起用。昨年&一昨年はギブスで
助っ人していました。チームはこの後のミッド・オハイオ、ロード・アメリカでも
起用予定。
リック・ウェア・レーシングの#15は第17戦のロードンに続いてスコット・
ハケット選手で。


029_20161110184055be8.jpg

カップ戦でも以前助っ人参戦していたトミー・ドリッシ選手は#14トライスター・
モータースポーツから。
もう1台のMBMモータースポーツ#40はクリス・クック選手。
一昨年のグレンはエントリー取り消しのため、このシリーズの出場は4年振り。
ロードコース・スペシャリストたちは大体、次のミッド・オハイオとセットで
契約しているみたいですね。


015_201611101837453af.jpg
016_201611101837458cb.jpg

#93ライアン・シーグ・レーシングのデーヴィッド・スター選手が今シーズン初の
予選落ち。



007_20161110183441561.jpg

規定外の調整で8人が最後尾からスタート。
ポールの#12ペンスキーのジョーイ・ロガーノ選手が 82周中67周をリードし、
チーム共々今シーズン初優勝。


006_20161110183442b3a.jpg

通算26勝目。


ロードコース・スペシャリスト勢は振るわず。

033_20161110184052b33.jpg

スコット・ハケット選手、ケニー・ハブル選手がかろうじて82周をクリア。



028_20161110184055b33.jpg

18周目のマルチアクシデントで赤旗発生。


026_20161110183856993.jpg

約14分中断。


034_20161110184212d30.jpg

トッド・ボダイン選手、トミー・ドリッシ選手らが消えました。


017_201611101837446b0.jpg

#70デリック・コープ選手は終盤に単独でトラブルから出火。


ダッジは3台。

018_20161110183744c16.jpg
019_201611101837437be.jpg
013_20161110183624bd8.jpg

#13 MBMモータースポーツは#13スタントン・バレット選手が1周遅れと健闘、
19位。#40クリス・クック選手はサスペンショントラブルでDNF。最下位。
#74マイク・ハーモン・レーシングはニッサンGTアカデミー出身のニコラス・
ハーマン選手で出場。トラブルでDNF。このシリーズのデビュー戦は15周遅れの
28位となりました。



日曜日のスプリント・カップ第22戦『チーズ-イット355 アット・ザ・グレン』。

031_20161110184054211.jpg

エントリーは40チームで予選落ちなし。
金曜日午後にプラクティス2回、土曜日に2ラウンドのクォリファイ。


012_20161110183625871.jpg

90ラップのレースは80周目に先頭に立った#11デニー・ハムリン選手が
今シーズン2勝目。カップ戦のロードコースでの勝利は初めて。通算28勝目。



020_20161110183742977.jpg
023_201611101838583f0.jpg
025_20161110183856397.jpg
024_20161110183857808.jpg
021_20161110183859ca8.jpg

アクシデント多発で赤旗2回と荒れ気味のレースでした。


009_201611101836283a6.jpg
022_201611101838592d0.jpg

ジュニアの欠場はさらに延長。
#88ジェフ・ゴードン選手はくるまのダメージなどで14位。


008_20161110183628cfd.jpg
010_20161110183627078.jpg

ファニュチャー・ロウ・レーシングが来シーズン走らせる2台目を正式に発表。
既報どおりのエリック・ジョーンズ選手。ルーキータイトルの最右翼ですね。


030_2016111018405438d.jpg

最初の赤旗となるアクシデントで消えた#16 グレッグ・ビッフル選手。
『チーズ-イット』スナックは今回のタイトル・スポンサーでもありましたが・・・
ラウシュはこのスポンサーを今シーズン限りで失うようですが、それよりも
ビッフル選手自身ラウシュ離脱の噂がでています。もう1年契約は残っているはず
ではありますが、新しく2台目を走らせるJTG ドーティ・レーシングが移籍先という
けっこう具体的な話。





045_201611101843194b5.jpg

ジャーメイン・レーシング。
う〜ん。もう少し。
予選20位。決勝12位。




038_20161110184209dbe.jpg

サークル・スポーツ-リーヴァイン・ファミリー・レーシング。
予選は11位でファーストラウンドを突破。決勝は2度目の赤旗となる
アクシデントに巻き込まれたりで17位。




H スコット・モータースポーツ。

054_20161110184544a55.jpg
051_20161110184441721.jpg

#15クリント・ボイヤー選手は予選28位。決勝は、57周目のアクシデントも
ありましたが18位でフィニッシュ。

#46 マイケル・アネット選手は予選38位。
決勝はトラブルで下位に沈み16周遅れの37位。




フロント・ロウ・モータースポーツ。

052_20161110184545f33.jpg
055_2016111018454342b.jpg

#34クリス・ブーシャー選手は予選25位。決勝は2度目の赤旗となるアクシデントに
巻き込まれ、懸命のリペアもワンラップダウンの30位。

#38ランドン・キャッソル選手は予選40位。決勝は23位。




053_20161110184545ee3.jpg

ゴー・ファズ・レーシング。
スペシャリスト、ボリス・セッド選手は今シーズンのカップ戦初出場。
予選37位。決勝は24位。チーム力的にはこの辺が限度ですか。
地元の『ジェネシー・ビール』がスポットでスポンサーになっていますが、
AMCっぽいカラーリングは狙ってのものなんですかね?




043_201611101843214a6.jpg

ザ・モータースポーツ・グループ。
予選39位。アクシデントで上位チームが多数脱落しましたが、90周走りきっての
26位は上出来。




プレミアム・モータースポーツ。

044_20161110184320022.jpg
046_20161110184445347.jpg

#55はアレックス・ケネディ選手でエントリー。昨年、サークル・スポーツから13
レースに出場しましたが今シーズンは初エントリー。今年はほとんど戦績なし。
予選36位。決勝はエンジントラブルでDNF。36位。

#98。 コール・ウィット選手の予選22位は今シーズン最上位。
決勝は、同一周回数最後尾の28位。どうやらシーズン終盤にチームを離れた
ようです。自分から出たんだろうな。
よい選手だと思うからいいライドに恵まれるといいんだけど。




BKレーシング。ともにアクシデントに巻き込まれ散々な週末。

047_2016111018444415b.jpg
037_20161110184210aa7.jpg

#23デーヴィッド・レーガン選手は予選26位。決勝はDNF。7周遅れの33位。

#83マット・ディベネデット選手は予選35位。
こちらも決勝はDNF。7周遅れの34位。




036_20161110184210942.jpg

トミー・ボールドウィン・レーシング。
予選29位。決勝は2度目の赤旗となるアクシデントに巻き込まれ、13周遅れの35位。

今回もトリビュートなカラーリング。

040_20161110184323c6b.jpg

1940年代から70年代にかけてモディファイド・レース界で活躍し、5月に
亡くなったレジェンド、ここニューヨーク州出身のドナルド“ ダッチ ” ホーグ
さんのレースカーをイメージしたもの。

039_2016111018421329e.jpg


’50年代にはカップ戦の決勝にも4レース出場。最高位は1955年、フロリダ州の
パームビーチ・スピードウェイで行われた第2戦での8位。

041_20161110184322447.jpg

これは1969年のデイトナ。レイトモデル・スポーツマン『パーマテックス300』
に出場し2位フィニッシュ。

NASCARコンバーチブル・ディヴィジョンやARCAレーシング・シリーズの
リザルドも残っています。





049_20161110184443089.jpg

併催のK&N プロ・シリーズ・イースト第11戦『バリー・ヒルズ・ヴィンヤーズ100』
は金曜日決勝。41ラップ100マイルのレース。21チームがエントリー。
ハーフウェイ・ブレイクを含みコーションは2回。


048_20161110184443de8.jpg

マーティン-マクルーア・レーシング#39にスポットライド、ポールスタートの
オースティン・シンドリック選手が一度も首位を譲ることなく完勝。


042_201611101843222c1.jpg

今シーズンはこのチームで第5戦のヴァージニアでも優勝。
この時もポールスタートでした。


060_201611110227115d9.jpg

このレース、ジョン・アンドレッティさんの末の弟、アダムがデビュー。
現在トランザム・シリーズで活躍中ですが、年齢的に見てここからNASCARの
上のシリーズを狙うという感じではなさそうです。

061_20161111022710601.jpg

8位でフィニッシュ。




050_2016111018444280d.jpg

レース後に駐車場で事故があったみたい。



カップ戦はブリストル、エクスフィニティ戦はミッド・オハイオへ。


2016.11.10


● UNIVERSAL MUSIC WORLD DANCE〈さとこさん〉
● ファイティングラッシュ45〈池田さん〉
 (月曜日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● パワーラッシュ45〈黒木さん〉
● やさしいHIPHOP〈クニオキさん〉
 (火曜日)

| NASCAR | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crankitup.blog27.fc2.com/tb.php/677-c5f7fdc4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT