NASCAR好きなMOPAR乗りの独り言

古くて大きなアメリカ車との日々と、NASCARレースや模型についてつらつらと・・・・。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カップ開幕戦デイトナ





002_20170315000616fc6.jpg

『モンスター・エナジー』のスポンサーで、ファン・ゾーンやスタンド裏、物販
エリアなどの雰囲気が一変してるようですね。


011_20170315000616b75.jpg

名誉オフィシャルとしてレジェンドが登場。

052_201703170456594b3.jpg

ホールマン-ムーディのフォードで勝ってから50年のメモリアル・イヤー。
元気そうでなにより。


012_201703150006147c2.jpg

今年もサンダーバーズ。


014_2017031500061522a.jpg

ジェフ・ゴードンさんはオープニングのペースカー・ドライバーを務めた後、
放送ブースに。


016_201703150007259bd.jpg

第59回デイトナ500、午後2時31分スタート。


015_2017031500061343b.jpg

“ ザ・クラッシュ ” のギブスのトレインは成り行き上の作戦だと思っていたら、
本番でもやってきたのであせりました。TRD6台で組まれるとしたら本当に怖い。
次回以降のプレートレースではシボレー、フォード陣営も対策練ってきてください。


ステージ1順位は#18 ギブスのカイル・ブッシュ選手。
以下#4 ケヴィン・ハーヴィック選手、ウッド&ペンスキーの#21 ライアン・
ブレイニー選手、#2 ブラッド・ケゼロウスキー選手、そして#88ジュニア。


カップ戦もアクシデント多発となりました。

019_20170315000724c9f.jpg

これはヒヤッとした。


022_20170315000722e96.jpg

ステージ2終了前の105周目ターン3のアクシデントは赤旗となり18分の中断。
ジュニア、それにステージ1の勝者含むTRDの3人が脱落。


ステージ2順位はスチュワート・ハースの#4 ケヴィン・ハーヴィック選手が勝ち、
#41カート・ブッシュ選手、 #10 ダニカ嬢が3位、5位。ペンスキーの#22
ジョーイ・ロガーノ選手、#2ケゼロウスキー選手が2位、4位とフォード勢が独占。



200周中40周がコーション。

021_2017031500072386f.jpg

020_2017031500072454e.jpg

127周目には17台、135周目には4台関係するアクシデント。


023_20170315000721b54.jpg

141周目、151周目のアクシデントでは“ ラッキードッグ ” 対象者すら
いなくなる荒れたレース。


038_2017031500104614d.jpg

最後の1周だけ首位に出たスチュワート・ハース#41カート・ブッシュ選手が優勝。


039_201703150010461c8.jpg

キャリア18年目で初めてデイトナ500を制しました。通算29勝目。


045_201703150011552e1.jpg

メイクス替えた緒戦で勝利のスチュワートさん。幸先良し。


048_2017031500131562a.jpg

ケゼロウスキー選手とは一緒に上がれなかったですが、ライアン・ブレイニー選手
はキャリア・ハイの2位。


049_2017031500131419b.jpg

ラウシュの#16、 ex_グレッグ・ビッフル選手のシード権と一緒にフロントロウから
期限付きでJTGに移籍の#37クリス・ブーシャー選手は127周目のアクシデントに
巻き込まれDNF。


035_2017031500093115e.jpg

ジェイミーは別の意味でちょっとしたキーマンでしたね。調子は悪くなさそう。



完走扱いが25台だったので、そんな感じのリザルドになりました。



“ チャーター ” といわれるシード権の順位や、やりとりは省略。またあらためて。


プレミアム・モータースポーツ。 今年も2カーエントリー。#15、#55。

041_20170315001044085.jpg
024_20170315000830ac0.jpg

撤退したH スコット・モータースポーツのシード権を買って#15 で参戦。
マイケル・ウォルトリップ選手がスポットでライド。
クオリファイは35位。グリッドは30番目。引退戦8位は望外だったでしょう。
次戦以降はリード・ソーレンセン選手で。

そのソーレンセン選手は#55でエントリー。クオリファイは37位。
デュエルでのアクシデントで予選落ち。



044_20170315001156019.jpg

ゴー・ファズ・レーシング。
BKレーシングからクルー・チーフのジーン・ニードさんと一緒に移籍した
マット・ディベネデット選手が9位。昨年春のブリストル以来通算2度目の
トップ10フィニッシュ。クオリファイは29位。グリッドは25番目。

047_2017031500115414a.jpg

デュエルでは『Can-AM』カラー。このほか12レースをサポート予定。



032_201703150009348d0.jpg

ベアード・モータースポーツ。
昨シーズンの開幕戦でマイケル・マクダウェル選手が15位フィニッシュしたくるまを
はじめリーヴァイン・ファミリー・レーシングから数台購入。現状、この1戦だけの
アナウンスですがプレートのレースには出てきそう。
マーク・ベアードさんはオーナーとして2014年にクレイ・ロジャース選手を擁して
カップに3戦にエントリー。DNQ2回とエントリー取り消し1回だったので、これが
念願のチームデビュー。当時とカーナンバーも同じ。
シード権は持っていませんがクオリファイの33位で決勝出場を確保。
グリッドは25番目。決勝はまさかの11位。



037_20170315001047e46.jpg

リーヴァイン・ファミリー・レーシング。
サークル・スポーツとの合併は1シーズンのみでした。
マイケル・マクダウェル選手でフル参戦。チルドレスとの関係は続いていると思い
ますが、サポートの優先順位はタイ・ディロン選手とともに#13 ジャーメイン・
レーシングへ。
クオリファイは30位。グリッドは22番目。
決勝はトップ10圏内にも顔を出していましたが最終的に15位。



フロント・ロウ・モータースポーツ。

034_201703150009324b4.jpg

ランドン・キャッソル選手は無事に残留。

036_20170315001048f39.jpg
050_20170315001314edb.jpg

今シーズンは#34にライド。クオリファイは27位。グリッドは27番目。
決勝はアクシデント影響もあり1周遅れの16位。

#38にはデーヴィッド・レーガン選手が戻ってきて2カー・エントリー。
クオリファイは32位。グリッドは20番目。決勝はトラブルで12周遅れの25位。



033_20170315000933e89.jpg

#72 トライスター・モータースポーツ。
マーク・スミスさんのチーム、初エントリーは1989年。 ’91、’92はボビー・
ハミルトン選手でフル参戦したこともある老舗。4年振りのカップ参戦。
エクスフィニティのチームも2010年から運営。
コール・ウィット選手の起用はいい選択だと思いますが、チームとして
今のカップについていけるかどうか。
プレミアム・モータースポーツのように機材は寄せ集めになるので、プレートの
レースはフォードですが、次のアトランタはシボレーでエントリー。
クオリファイは34位。グリッドは17番目。決勝はアクシデントに巻き込まれましたが
1周遅れにとどめて18位は悪くないです。



043_20170315001157edd.jpg

ジャーメイン・レーシング。
ケイシー・メアーズ選手との契約は2018年までありましたが、チルドレスから技術
協力強化という名のごり押しでタイ・ディロン選手が移籍。
クオリファイは、ポール・メナード選手、兄のオースティンのチルドレス2人を
さしおき、ファーストラウンドを突破の12位。グリッドは18番目。
決勝はアクシデントで沈みDNF。30位。



BKレーシング。

051_20170315001313d3c.jpg
030_20170315000936b4f.jpg

昨年末まで2018年の体制を発表できず、そのためディベネデット、レーガン両選手
ともに逃げられ、キャリアのない選手何人かで回す予定。
#23ジョーイ・ゲイス選手はこのレースと、ケンタッキー、8月のブリストルの
3レース。その他の33レースはルーキーのグレイ・ガウルディング選手で。
クオリファイは39位。グリッドは29番目。決勝は4周遅れの23位。

#83コーリー・ラジョイ選手は現状14レースの契約。
クオリファイは40位。グリッドは31番目。決勝は最初のコーションとなる単独
アクシデントの後も走り続け、7周遅れの24位。



031_20170315000935951.jpg

ガウント・ブラザーズ・レーシング。
満足にカップ戦を戦える規模ではなさそうですが、プレートレース用の機材を調達。
デイトナ、タラデガ4レースのみに参戦予定。カナダのレースチームですが、今回は
ドライバーも、カナダ国籍でピンティ・シリーズやCASCARなどカナダ国内の
ストックカー・シリーズをメインに活動していたD. J. ケニントン選手で。
カップは昨年終盤、プレミアム・モータースポーツから第35戦フェニックスに出場。
クオリファイは38位。グリッドは28番目。
127周目のアクシデントに巻き込まれてDNF。36位。



042_20170315001157012.jpg

トミー・ボールドウィン・レーシング。
チーム撤退予定でシード権もすでに手放していましたが、以前もスポンサー
だった『ゴールデン・コーラル』社からのアプローチでスポット参戦。
#7エリオット・サドラー選手を起用。
クオリファイは36位で決勝進出を確保。グリッドは40番目。
ここも状況、体制から考えれば1周遅れの決勝20位は上出来。



025_20170315000829f49.jpg

サークル・スポーツ TMG。
リーヴァイン・ファミリー・レーシングと袂を分かったサークル・スポーツが
ザ・モータースポーツ・グループと合併。
昨シーズン、ゴー・ファズ・レーシングやBKレーシングで走っていたジェフリー・
アーンハート選手ですが、全戦で起用されるかどうかはスポンサー次第のようです。
クオリファイは41位。グリッドは32番目。
141周目のアクシデントに巻き込まれてDNF。26位。

028_201703150008271e7.jpg
026_20170315000828e5c.jpg

ロゴ無しでデイトナにやって来ましたがデュエル、決勝ともにスポンサー獲得。
スポーツ・アパレル・ブランドの『スターター』とは他に3レースで契約が
まとまっているようです。



029_20170315000826a5b.jpg

リック・ウエア・レーシング。
エクスフィニティ・シリーズやトラック・シリーズでは知られたチーム。
あしかけ10シーズン、417戦に出場したエクスフィニティのチームをたたんで、
カップに4シーズン振りに参戦。
ドライバーは固定できず、今回はティミー・ヒル選手を起用。クオリファイは42位。
デュエルはエンジントラブルという結果で予選落ち。
次戦アトランタは身内のコディ・ウエア選手、その他スタントン・バレット選手、
ケヴィン・オコネル選手のライドも予定されています。




040_20170315001045c7f.jpg

おつかれさまでした、マイキー。

046_201703150011554c5.jpg

ま、8割方引退していたようなもんですけどね。



次はアトランタのトリプルヘッダー。


2017.3.17


● UNIVERSAL MUSIC WORLD DANCE〈田淵さん〉
 (土曜日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● ファイティングラッシュ45〈瀬野さん〉
● HATHA YOGA ディープ ブレス フロウ60〈ippeiさん〉
 (日曜日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● UNIVERSAL MUSIC WORLD DANCE〈さとこさん〉
● ファイティングラッシュ45〈池田さん〉
 (月曜日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● キックシェイプ30〈北村さん〉
● パワーラッシュ45〈北村さん〉
● DDDハウスワークアウト〈高尾さん〉
● QUEEN’S YOGA30〈高尾さん〉
 (水曜日)

| NASCAR | 06:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://crankitup.blog27.fc2.com/tb.php/698-d29722aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT